機能と美しさを兼備|自分のライフスタイルに合わせて注文住宅を建てよう

自分のライフスタイルに合わせて注文住宅を建てよう

女の人

機能と美しさを兼備

部屋

寒さに耐えうる気密性

北欧住宅は、フィンランドやノルウェーの建築様式を導入した住宅を指しています。厳しい寒さの北欧の冬にも快適な環境が保てる構造が人気を呼んでいます。外気を遮り、室内の温度を維持できる断熱性や気密性が特徴です。そして、暑い夏でもエアコンの冷気をとどめることができるので、1年中室内を快適な気温に保つことができます。日本家屋のように柱で組み立てるのではなく、パネルなどを用いて面を利用した構造のため気密性の高さを維持しています。北欧住宅は基本的に木造建築で、自然な風合いの雰囲気が好まれています。木は伐採して建材になってからも、湿気を吸収し木の水分を排出しながら湿度を保つ役割をしています。温度・湿度ともにコントロールしやすいのが、北欧住宅の特徴に挙げられます。

耐久性と耐火性も高い

北欧住宅は面を構造に用いており、この構造を日本ではツーバイフォー住宅と呼んでいます。ツーバイフォー住宅は、柱の構造とは異なり地震などの揺れへの耐性にも高い評価を得ています。地震が多い国として有名な日本でも、北欧住宅の耐震性に注目が集まっています。また、木造なので耐火性は低いと思われがちですが、準耐火構造として認められる耐火性を持っています。北欧住宅は、木材を使用していても耐久性や耐火性に優れていると考えて良いでしょう。日本の従来の建築方法では、建物の耐久性が30年程度だと言われていますが、北欧住宅は以上の要因から大切に住むと50年以上の耐久性を持っています。安心して長く住むことができるので、北欧住宅は魅力的だと言われるようになりました。見た目の美しさも好印象です。